「カンボジア・コミュニティファクトリー」への支援報告

司法書士法人新宿事務所は、認定NPO法人かものはしプロジェクトの運営するカンボジア・コミュニティファクトリーへの支援を行いました。
かものはしプロジェクトとは、子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGOです。

カンボジア・コミュニティファクトリーでは、カンボジアの貧しい地域で仕事を提供するために、生活雑貨を手作りする工房を経営し、さまざまなスキルを学べるようにして働く女性たちの自立を支援しています。 10万人が住むカンボジア最貧困地域で工房を運営し、このエリアから人身売買が出ないようにしています。詳しくはかものはしプロジェクトのホームページをご覧ください。

今回、新宿事務所からは備品や施設建設の費用を支援しました。

ユニフォーム購入

コミュニティファクトリーで働く女性たちが着用するユニフォーム購入のための費用を支援させていただきました。 ファクトリーで働く女性たちの中には、働きに出るための洋服を購入することが難しい女性もいます。 そのような女性にとっては、日々着ていく洋服を心配せずに働きに出かけられることはとても大切なことです。また、ユニフォームを着用することで、 働くもの同士の一体感を生むという効果もあると考えています。

トイレリノベーションの支援

コミュニティファクトリーに設置しているトイレは、床がコンクリートむき出しの状態のため 定期的に掃除をしても清潔な状態を保つことが難しい状況でした。 また、手洗いの場所もなく桶に水をため手を洗っていました。 そこでトイレの床の回収、手洗いができるシンクをつくるための費用の支援をしました。 ファクトリーで働く女性たちがトイレを気持ちよく使用できるようになり、衛生環境を高めるお手伝いができました。

給食場所拡張の支援

コミュニティファクトリーで働く女性の中には、 自宅で十分な食事をとれない状況にある女性もいます。 十分な食事をとれないと必要な栄養が摂取できず、 免疫力や抵抗力が下がり、病気になりやすくなってしまいます。 そのため、ファクトリーでは給食の提供を開始しました。 今後も継続して多くの女性たちに給食を提供していくため、 給食場所の拡張を支援させていただきました。

費用詳細 1ドル=124円(2015年8月12日換算)

詳細 費用(ドル) 費用(円)
ユニフォーム購入 1,376 164,424
トイレリノベーション 1,396 173,104
給食場所の拡張 1,122 139,128
合計 3,844 476,656