新宿区の高齢者施設「原町グループホーム」で歌をとおした交流をはかりました

 

司法書士法人 新宿事務所は、開発途上国、アジア新興国に学校を建設する活動をしています。また、CSRチームによる国内ボランティア活動も実施しています。
2017年3月4日に東京都新宿区の高齢者施設「社会福祉法人 恩賜財団 東京都同胞援護会 原町グループホーム」において入居者の方、小規模多機能居宅介護センター利用者の方、デイサービス利用者の方および施設職員の方々総勢30名規模のひな祭り会を行いました。

会の始めには施設で実施しているラジオ体操に参加。
「上を向いて歩こう」「川の流れのように」などを
ご一緒に歌いました。

新宿事務所CSRチームが訪問した原町グループホームは、認知症の症状のある高齢者一人ひとりが、その人らしさを大切に生活をされています。私たちは歌をとおした交流をはかるため、「うれしいひなまつり」を皮切りに高齢者になじみのある日本の代表的な曲を披露しました。歌詞を見ながら口ずさんでもらうことで、音楽を楽しんでいただきました。
一緒に歌った後は、ご参加いただいた方 ひとりひとりとお話をしました。会の最後には「また来てくださいね」と嬉しい言葉をかけていただくなど、心温まる時間を共有することができました。

ミャンマーの寺子屋学校建設のお話も聞いていただきました。
希望される方にはマニュキアを塗りながらお話をしました。

後日、原町グループホーム職員の方から以下のお礼の言葉をいただきました。

先日は大勢でのボランティア参加、ありがとうございました。
いつもと違う方達との交流はもちろん、来て下さった方のお子様(赤ん坊)とのふれあいも楽しかったようです。ぜひまたボランティアに来ていただきたいと思っております。ご都合がつきましたらぜひお願いいたします。

社会福祉法人恩賜財団 東京都同胞援護会 原町グループホームについて

社会福祉法人恩賜財団 東京都同胞援護会 原町グループホームは『認知症対応型共同生活介護』を目的として、平成25年3月に開設。少人数(現在18名入居)で生活をすることで、家庭的な雰囲気で安心感の得られる環境が特長です。一人ひとりのライフスタイルを尊重し、日常生活を支援している施設です。

詳しくは原町グループホームのホームページをご覧ください。
http://haramachi.jp/facilities/group.html