過払い金無料診断借金整理の無料相談は司法書士法人 新宿事務所

メニュー

新宿事務所
お手続き中のお客様専用ダイヤル 0120-10-20-30 受付9:00-22:00

借金整理(債務整理)とは

借金整理(債務整理)とは

借金整理(債務整理)=借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きです。
現在、日本には200~300万人もの人が、借金問題で悩んでいるといわれています。
借金問題で悩んでいる人の中には、自殺や夜逃げをされる人もおられ、司法書士・弁護士に相談して借金の整理をする人はほんの一部といえます。
どんなに大きな額の借金でも法律で整理できない借金はありません。
お一人で悩まずに相談されることをお勧めします。
まずは借金整理(債務整理)の種類とメリット・デメリットを見てみましょう。

借金整理(債務整理)の種類とメリット・デメリット

借金整理(債務整理)には 1. 過払い金返金請求、2. 任意整理、3. 自己破産、4. 個人再生の4種類があります。 それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。

過払い金返金請求のメリット・デメリット

メリット
  • ●払い過ぎた利息が返ってくる

    過払い金返金請求をすることで、払い過ぎた利息が返ってくる可能性があります。

  • ●ブラックリストに登録されない

    ご完済された過払い金返金請求は ブラックリスト(信用情報)に登録されません。

  • ●周囲に知られずに手続きができる

    裁判所を通さずに司法書士・弁護士が お借入先と交渉をするため、お客様の負担が軽く、周囲に知られることのないお手続きが可能です。

デメリット
  • ●同じ消費者金融から借りられない

    過払い金返金請求をすると、以降そのお借入先からお金を借りることができない可能性があります。

任意整理のメリット・デメリット

メリット
  • ●周囲に知られずに手続きができる

    裁判所を通さずに司法書士・弁護士がお借入先と交渉をするため、お客様の負担が軽く、原則として周囲に知られずお手続きすることが可能です。

  • ●督促の電話がストップ

    司法書士・弁護士に任意整理の依頼をすることによって、すぐに督促が止まります。

  • ●将来の利息がカット

    重い金利負担となる将来利息はカットされます。

  • ●官報に載らない

    自己破産や個人再生のように官報に掲載されることがないので第三者に知られることはありません。

  • ●誰でも手続きが可能

    自己破産のような職業制限や資格制限がありません。

  • ●特定のお借入先とだけ手続きできる

    自己破産や個人再生ではすべてのお借入先を対象に入れて手続きをしなければいけませんが、任意整理であれば保証人つきなど特定のお借入先のみを除いての手続きが可能です。

  • ●払い過ぎた利息が返ってくる

    過払い金が発生していた場合は臨時収入としてお受け取りいただけたり、借金が減額になります。

デメリット
  • ●信用情報に載る

    5年以上はブラックリスト(信用情報)に載ってしまうため、その間新規のお借り入れやカードの利用、ローンを組むことができなくなります。

  • ●強制的な借金の免除ではない

    任意整理は、裁判手続きである自己破産、個人再生手続きのように、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。
    あくまでも話し合いで、利息制限法に基づき、過去に払い過ぎた利息分を現在の借金と相殺し、借金を減額する手続きのため、自己破産や個人再生手続きなどのように強制的な借金の免除が行われるわけではありません。

  • ●まれに和解できない場合がある

    まれに強硬なお借入先ですと和解が成立しないことがあります。
    この場合は、司法書士が責任をもって次善の策をご提案いたします。
    ただし、通常のお借入先は和解に応じていただけますので、あまりご心配いただく必要はありません。

自己破産のメリット・デメリット

メリット
  • ●借金が免除される

    借金が免除されます。
    滞納税金などの支払い義務は残ります。

  • ●誰でも手続きが可能

    自己破産は客観的に支払いが困難であれば誰でも手続きが可能です。

  • ●お借入先からの取り立てが止まる

    お手続きを開始すると、お借入先からの取り立てが止まります。

デメリット
  • ●信用情報に載る

    10年以内はブラックリスト(信用情報)に載ることで、新規のお借り入れやクレジットカードが作れなくなります。

  • ●財産は処分される場合がある

    マイホームなどの価値のある財産(原則20万円以上)は処分される場合があります。

  • ●職業制限がある

    3ヶ月~半年間ほど、一部の職業につけなくなります。

  • ●借金が免除されないことがある

    ご事情によっては借金が免除されない場合があります。

  • ●官報に記載される

    国の刊行物である官報に掲載されます。
    ただし、一般の方が見ることはあまりないと思われます。

個人再生のメリット・デメリット

メリット
  • ●自宅を手放さないで済む

    住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済みます。

  • ●借金が大幅に減額される

    借金が大幅に減額されます。
    借金の総額によって減額される金額は変わります。
    (例)借金の総額が300万円の方の場合100万円に減額されます。(特段資産がなければ)

  • ●誰でも手続きが可能

    自己破産のような資格の制限がありません。

  • ●原因は問わない

    自己破産と違い、ギャンブルや浪費が原因であっても手続きすることが可能です。

  • ●財産が処分されない

    自動車など20万円以上の価値があるものを処分せずに手続き可能です。

  • ●お借入先からの取り立てが止まる

    お手続きを開始すると、お借入先の催促が止まります。(司法書士・弁護士に依頼されるとその時点で督促は止まる。)

デメリット
  • ●信用情報に載る

    10年以内はブラックリスト(信用情報)に載ってしまうことで、新規のお借り入れや、クレジットカードが作れなくなります。

  • ●官報に載る

    国の刊行物である官報に掲載されます。
    ただし、一般の方が見ることはあまりないと思われます。

  • ●費用・手間・時間がかかる

    借金整理(債務整理)の中で一番手続きが複雑なため、費用、手間、時間がかかります。

  • ●すべてのお借入先が対象

    任意整理のように一部のお借入先を除外して手続きをすることができません。

借金整理でお悩みの方へ

相談前(お悩みを抱えている状態)

相談前(悩みを抱えている状態)

最近、賃金・ボーナスカットで収入が減少し、 返済が苦しくなってきた。

矢印

借金生活から抜け出し、早く安心できる普通の生活に戻りたい。

矢印

最近CMや電車の広告などで「借金整理」という言葉を頻繁に見かけるが、自分の借金も減らすことができるんだろうか。

ご相談前のお客様は、悩みを一人で抱え込まれ、「何とかしたいけれど、どうすればいいのか分からない」という状態の方がほとんどです。そのため、せっかく「過払い金返金」という言葉を知っても、

「費用はどれくらいかかるんだろう」
「ブラックリストに載ってしまうんじゃないか」
「難しい話をされそうだし、相談しづらいなぁ」

と二の足を踏んでしまいがちです。

借金がどんなに多くても法律で整理できない借金はありませんので、お一人で悩まれずに司法書士・弁護士に相談されることをお勧めします。

矢印

ご相談 - まずはお問い合わせください

ご相談

ご相談では、お客様情報の確認と、ご依頼いただいた場合のお手続きの流れをご説明いたします。

お客様がご納得されるまで十分に説明いたしますので、ご不安な点、説明で分かりづらい点などは、そのままにされずにお気軽にご質問ください。

司法書士コメント

借金整理について、お客様がご納得されるまで、はじめの一歩から丁寧に分かるまでご説明いたします。
もう、お一人で悩まれる必要はございません!お客様のプライバシーを尊重しながら、お借入額やご収入状況をお伺いし、借金の減額や重い金利負担からの解放を目指します。

矢印

借金の減額可能性を算出

過払い金を算出

お借入先から、お客さまのご利用記録をすべて開示してもらい、利息制限法に基づいた金利で算出いたします。

お借入先から過去の取引履歴を取り寄せ、すべてのお借入先にこれまでいくらの返済をされてきたのか?その返済は正しいものだったのか?を割り出します。

司法書士・弁護士ならではの、迅速な開示請求交渉により、通常、長期間かかる取引履歴開示をぐっと短縮し、お客様により早く結果をご報告できるよう、日夜努力しております。

司法書士コメント

お借入先によって取引履歴を完全に揃えるための期間が異なるため、間に入る債権回収会社から取引履歴を取り寄せる必要が生じる場合もございます。
お客様ご自身では読み取ることが難しい取引履歴を、プロの目で正確に読み取り、法定利息内へ引き直す計算を行います。

矢印

お借入先との粘り強い交渉

お借入先と交渉

お借入内容の調査と再計算の結果、成功報酬予想などをご報告いたします。

お客様のご希望を伺いながら、当社の司法書士がお借入先に直接交渉し、和解契約、または裁判などのお手続きを行います。

お借入先との交渉が完了した後、交渉内容を和解契約書という形式に文書化し、お客様にご確認いただきます。

司法書士コメント

和解交渉や裁判経験の豊富な司法書士が、お客様の代弁者として、お客様の権利と利益を守るようできる限りの主張を行います。

矢印

返済スタート~返済終了

返金

減額交渉で残る借金がございましたら、お客様の生活状況に応じました無理のない返済計画に基づき、ご返済をスタートしていただきます。

司法書士コメント

なかなか借金を減らすことができずに、いつまでこの生活が続くのか、精神的に参ってしまう方が多いですが、借金整理をすることにより借金が減り、ご返済の見通しがたち、これからの生活に希望を持たれる方が多いようです。
お客様のお力になれるよう、当社が全力でサポートいたしますので、ぜひ無料相談ではじめの一歩を踏み出してください!

お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料  年中無休  9:00-22:00

0120-10-20-30
お手続き中のお客様専用ダイヤル
通話無料  年中無休  9:00-22:00
0120-10-20-30