金融機関審査が通らない原因

TOP > ブラックリスト相談ガイド > ブラックリストの基礎知識 > 金融機関審査が通らない原因

金融機関審査が通らない原因

本人都合による支払遅延や代位弁済歴が登録されている場合

会員会社の判断で事故情報として登録されることがあるのは、支払日・口座引落日などの約定日までに正しく支払いが行われず、遅延扱いになった場合です。

事故・異動情報が発生した場合

支払遅延が複数回発生したり、約定日から数ヶ月過ぎても延滞状態だったりすると登録される可能性があります。事故情報が発生した場合でも、債務整理(自己破産・個人再生手続など)を行わずに、所定額を弁済せずに借り逃げ状態である場合は、その状態が解消されてから5年程経過すれば事故情報が抹消されるようになりました。(CIC等)

直近3ヶ月~1年以内にクレジットカード・ショッピングクレジットやノンバンク(消費者金融を含む)・金融機関による融資(ローン)の申込を行い、その履歴(申込情報)が複数ある場合

融資が認められない場合が多いのは、短期間に複数の借金を申し込んだ場合で、「借り逃げの恐れがある」と判断されてしまうようです。
奨学金・共済などの融資などで信用情報機関への登録・照会が伴わない借金については、審査の対象外とされます。また、一定の期間が過ぎれば申込み・照会情報は抹消されます。

信用情報機関に登録されている無担保借り入れ額が、申告年収と比べて多い場合

住宅ローンなどは家が担保となり、無担保借入にあたりませんが、申込時に書いた借入(申告)額と信用情報機関に登録されている実際の借入額との差が大きく不一致(虚偽申告のおそれ)である場合は融資が認められない可能性が高いです。

稀に同姓同名(同じ読みを含む)の他人の情報を参照して、与信判断をした場合

事実とは異なる情報が登録されている場合、たとえば同姓同名の他人の情報を参照されてしまう事が多い人は、他人の信用情報が参照されてしまう原因や、事実とは異なった信用情報が登録されている理由の調査を依頼し、必要に応じて内容の訂正を行う事などが可能です。

ブラックリストの基礎知識TOPへ戻る

ページTOPへ戻る